Blog

安易な契約は控えよう!事故物件に出くわさないために

事故物件とはどんな物件か

世の中には、何らかのやむにやまれぬ事情で賃貸に出されている物件が多くあります。それは過去に何らかの恐ろしい事件があったり、金融関係の問題からやむなく手放さざるを得なくなった物件など多岐にわたります。そういったいわば傷物の物件のことを事故物件と言います。自己物件は往々にして周辺の相場と比べると非常に安い賃料で貸し出されていたりします。しかし、安いからと言って安易に手を出してしまうと、嫌な思いをすることにもなりかねませんので、注意が必要です。

通知が義務付けられてはいるけれど

基本的に事故物件というのは、不動産会社に通知の義務が課されているものです。要するに、不動産会社は自己物件を貸し出すときには、入居者にかつてその物件で何があったかを報告しなければいけない義務があるのです。しかし、それは直近の事故物件についての通知義務であり、事故があった後、誰かが別の人が一人でも住んでいれば、それ以降は通知の義務がなくなります。そのため、もしどこか怪しい点を感じたとしたら、何か過去にあったかどうかをしっかりと聞くようにした方が良いかもしれません。さすがに聞かれたら、不動産会社も答えないわけにはいかないものですから。

気にしないとは言っても

中にはそういった事故物件であろうと気にしないという人もいたりしますよね。とはいえ、やはり安易に契約するのは危険かもしれません。自己物件に住もうとするのであれば、契約書などには特にしっかりと目を通しておいた方が良いでしょう。もし実際に住んでみて何らかの不具合があった時、すぐに退去できないなどの事項が契約書に記載されでもしていたら、思わぬ不利益を被りかねません。いずれにせよ、賃貸物件に住むときには契約書は要チェックです。

札幌の賃貸マンションは、賃貸なので実際に住んでみて気に入らない部分がある場合には、いつでも違う場所へ住み替えることが可能です。