Blog

J-REITによる不動産賃貸の形態とは?

J-REITの不動産賃貸

不動産賃貸に特化した不動産会社として、J-REIT (Japan Real Estate Investment Fund)というものがあります。最近は、ニュースでもよく取り上げられているJ-REITですが、実際にはどのような不動産賃貸を行っているのかと疑問に思われている方もおられるかもしれません。そこで、ここではJ-REITの不動産賃貸について、見ていくことにしましょう。まず、J-REITにも色々な種類があります。

J-REITによる不動産賃貸の種類

第一の種類は、単一用途特化型と呼ばれるもので、オフィス・賃貸住宅・商業施設・物流施設・ホテル・ヘルスケアなど、単一の用途に特化した不動産投資を行って、その賃料収入を稼ぐというタイプです。第二の種類は、複合型と呼ばれるもので、二つの用途の不動産に投資をして、その賃料収入を稼ぐものです。第三の種類は、総合型と呼ばれるもので、三つ以上の用途の不動産に投資をして、あるいは用途の限定をしない投資をして、その賃料収入を稼ぐというものです。

タイプによる特徴の違い

そして、各々のタイプに応じて、特徴があります。例えば、オフィス特化型の場合には、他の特化型と比べて、賃貸借契約の期間が短く、オフィス需要や景気動向の影響を受けやすいという特徴があります。また、住宅特化型の場合には、借主が分散していて、賃料の変動幅が小さく、景気変動や不動産市況の影響を受けにくいという特徴があります。それから、商業施設特化型の場合には、比較的短期の賃貸借契約や変動賃料制を採用している場合などがあり、景気の影響を受けやすいという傾向があります。

新社会人や学生の新生活に、便利な都市環境の場所で賃貸を探したいなら、札幌市豊平区の賃貸から探してみましょう。