Blog

住んだ後の後悔!?入居時には気を付けて!

賃貸住宅で盗聴はあり得る事

入居時に部屋の間取りや生活が気になるのは当然ですよね。でも、防犯上の事を考えると、盗聴の危険性なども心配になるはずです。簡単に盗聴の危険性がないかどうかを確認出来るものも販売されているので、チェッカーを持って入居すると言うのも大事です。怖くなる話しをする訳ではありませんが、一人暮らしする予定の女性なんかは特に気にした方がいい部分なので、少しでも疑うなら専用の道具を買って来て、簡単にチェックしておくと安心出来ますよ!

後から後悔するなら、先に調べておく

収納スペースだとか冷蔵庫の位置だとか色々と気になる部分が出て来ますよね。先にメジャーなどで調べておくのも必要ですが、収納後のスペースや部屋の間取りなどをイメージしておかないと家具などを置いた時点で後悔する事になります。これは、部屋を決めた後に分かる事なので、予めきちんと測っておく事が重要なんです。もちろん、間取りだけで見るのは一番危険なので、あくまで家具を置いた時のイメージにするのがコツとなっています。

意外と見落としがちなお風呂

バスルームは部屋探しをしている上でも実は重要な部分ですよね。間取りだとか立地条件などを気にしていると意外にパッと見て判断してしまうのがお風呂です。自分がこれから入浴するんだと言う感覚で見ないと、住んだ後に汚れが気になったり入浴しづらいと言う事にもなります。恥ずかしがらずに浴槽に身を置いてみると言うのが重要です。お風呂に入っている時のイメージが出来れば安心ですよ。実は結構旧式タイプも残っているので、ストレスを溜めない様なお風呂にしましょう!

賃貸物件には一般的なオーナーから借りる物件や、一時的に遠方に出張しているオーナーから借りるリロケーション物件、マンスリーマンションなどの種類があります。